悲しみは家族で分け合う|小さな家族葬で見送る

葬式

葬儀の一つの方法

ゆっくりとしたお別れ

葬式

直葬は亡くなった人を斎場で荼毘に付してその場でお葬式を挙げてしまう葬儀方法になります。お葬式を上げる会場や大がかりな祭壇もいらない葬式で安価でできることから近年多くなっている葬儀の方法です。荼毘に付された遺骨をそのままお墓に埋葬する人も多く、それだけではお別れをした感じがしないという人は斎場に宗教者を読んで荼毘に付されたお骨にお経をあげてもらう人もいます。また無宗教者で生前からお葬式はいらないと、遺言して亡くなった人もこの方法でお別れすることが多くなっています。亡くなった人の親族だけで行うことができることから、時間を気にしないでゆっくりとお別れの時間をとることができ、思う存分お別れをすることができます。宗教者を呼ばないことによりそれにかかる費用も節減することができます。

社会は二極化してきた

日本の社会は二極化して、お金を持っている人とそうでない人がはっきりと分かれてきました。昔の様に一億総中流ということがなくなってきています。それに伴って葬式にかける費用も多く出せる人と、出せない人に分かれてきています。また葬式の考え方も一般的な葬式でお別れしてもいいのか、わかりきった人たちだけで葬式を行ったほうがよいのではないかと思う人も多くなってきています。これらのことが相まって直葬でお葬式をあげる人は多くなっており葬儀社でも直葬の具体的なプランを作成してこのサービスを販売しています。時代が大きく変わっていく中で葬式のありようや考え方も日々変わってきています。画一的なお別れの仕方ではなく、亡くなった人にふさわしいお別れの仕方を模索する人が多くなっています。その一つが直葬によるお別れの仕方です。