悲しみは家族で分け合う|小さな家族葬で見送る

葬式

葬儀でかかる出費

葬儀費用の内訳

お墓

葬儀をするときにかかるのが葬儀費用です。葬儀費用は、葬儀会社に支払う基本プランなどの費用と、宗教関係者に支払うお布施代、そして会葬者を接待するのに必要な飲食接待費などで成り立っています。葬儀費用の全国的な平均は、約200万円というデータがあります。それに加えて新しくお墓を建てる場合は、墓石の価格や霊園の使用料なども考える必要があります。墓石の価格は、石の種類や使用する量によって決まります。墓石で使用する石は、国産だと高く、外国産だと安くなる傾向があります。また、同じ国産でも採取が困難で希少性が高い石ほど高くなります。また、墓石のサイズが大きいほど大きな石が必要になるため、価格が割高になってきます。

見積もりをする

葬儀というのは一生に何度もするものではないため、どのくらい費用をかければいいのか見当がつかず、結局葬儀会社に一切任せてしまう人が沢山います。また、お布施代やこころづけなど、宗教関係者が絡むと出費が不透明になりがちです。無駄な出費を省いてコストを抑えるためにしておくといいのが、葬儀費用の無料一括見積もりです。今はインターネットがあるので、オンラインで一括見積もりが簡単に出来ます。見積もりをもらう事で、全体的な相場感がつかめて、不要な費用も分かってきます。葬儀会社の中には墓石の価格も含めて相談に乗ってくれるところがあるので、葬儀だけではなく、葬儀をしたあとにかかる費用も含めて検討することが大切です。